水道の元栓と修理工事はどうする?

水道の元栓と修理工事はどうする? 家の中には水を使用する場所ごとに蛇口があり、その蛇口を捻ることによって水を出したり留めたりして使用しています。その家の中の水の流れを管理するために存在しているのが元栓です。あけることで家の中に水が流れるようになりますし、逆にしめてしまえば蛇口を捻っても家の中の水の流れ自体が止まるので水が出ることはありません。水に関するトラブルというのは、蛇口のみが原因になっているケースばかりではありません。時には元栓の異常によって水のトラブルが発生してしまうこともあります。そのため原因のトラブルも含めた知識を身に着けておくのがベストです。トラブルやその修理・対処法についてをしっかりと理解しておきましょう。

■元栓の修理に対応してくれる水道 工事業者

水に関するトラブルが発生した場合に真っ先に考えられるのが、専門の水道工事業者に依頼して直してもらう方法と自分で修理をする方法です。自分で直す場合、知識と技術を要するので、水道修理の専門業者に依頼する方が確実で安心です。そのため元栓からのトラブルが発生する際にも業者へ依頼しようと考えるかもしれません。基本的に元栓が原因の水のトラブルで修理が必要になるケースの場合は、水道局の管轄となります。そのため一般的な水道修理業者は対応することができません。もしもこのようなトラブルが発生したら、まずは水道局に問い合わせをしてどうすれば良いのか確認をしてから流れに沿って対応していくと良いでしょう。

■元栓が原因のトラブルの対処法は?
元栓は敷地内に引き込む水の供給を管理しています。一般的に水漏れのトラブルが発生すると、まず対処法として水の流れ自体を止めるのが一般的な対処法です。しかし元栓自体が原因となってしまうと水を止めることもできなくなってしまうため、どのように対処したら良いか分からなくなってしまうでしょう。このような原因の場合は水を止められないからこそ、できるだけ早く対処をとってもらう必要があります。そのため一般的な水道トラブルとは異なり、少しでも早く水道工事業者に対応してもらうよう水道局への連絡をすることがトラブルにおいて一番の対処法と言えます。

■元栓によるトラブルの原因

このタイプの水のトラブルが発生してしまう原因として一番に考えられるのが、部品の消耗によって、本来の機能を発揮できなくなってしまうというものです。しめても水が出続けてしまうというケースの場合は、水を止める役割を持っている部品自体に問題がある可能性が高いです。部品に問題がある原因として主になっているのが経年劣化です。どうしても長い間使い続けてしまうと、部品も劣化してしまいます。部品の劣化は、防ぐことはできません。元栓などの修理は普通の水道修理とくらべると難しい場合が多いです。ちょっとした部品の緩み等の単純なものが原因の場合は自分で対応できるケースもありますが、元栓の部品は自分で交換することは難しいです。部品が劣化してしまったことによるトラブルの場合は、専門的な業者に修理をしてもらうほか状態を改善する方法はないでしょう。

■まとめ
家の中の水道トラブルの原因は、単なる蛇口などの異常によるものだけではありません。時には元栓自体がダメになっている場合もあるので、水漏れなどが発生した際にはどこが原因で起こっているトラブルなのかを素早く見極めることが求められます。もしもそのトラブルの原因が発覚した場合は、水を止める対処法などを実践することができない場所でもあるので、まず素早く原因を確かめた上で、ある程度はっきり原因が分かったら水道局への問い合わせをしてできるだけ早く修理を行えるように行動していくのが一番確実な方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース