給水管の水道引き込み工事とは

家の中に必要とされる設備の1つである水道ですが、住宅を建てるにあたって水道を住宅に引き込むための工事をしなければ家の中で水を使うことはできません。給水管に関する水道工事とはどのようなものなのか知りましょう。

■給水管の引き込み工事

広島をはじめ、日本では地中に水道本管と呼ばれる管が張りめぐらされていますが、家の中に給水管を引き込む場合、水道本管に給水管をつなげて家の敷地の中まで引っ張っていきます。この工事を引き込み工事といい、家を建てる際には必ず行わなければいけない工事です。この作業は引き込む際にどれくらいの距離があるのかによって、かかる費用に変動があります。さらに住宅の形態によっては使用する水の量も増えるので、水道管の口径が大きいものを使用することもあります。

■新たな水道管を設置するケース

既に水道管が通っている場合でも新しく管を引き込まないといけないこともあります。家に引き込んでいる管が昔のものの場合、今主流になっているサイズよりも小さいものが使用されていることもあります。管が小さいものだと、水圧が弱くなってしまうこともあります。水圧が弱く使用する際に不便さを感じる場合は、既に使用している水道管よりも太い水道管を引き込むための工事をする必要があります。

■まとめ
給水管を家の敷地内に引き込まなければ住宅の中で水は使えません。管を引き込む工事をする際には、家に住む人の人数などを考慮した上で使用する水の量に合ったものを選んでしてもらうようにしましょう。広島にも業者は多くあるため依頼できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ