蛇口の交換は水道工事業者に相談

水道は基本的に蛇口と呼ばれる水栓を開くことによって水やお湯などを出すことができる仕組みです。しかし蛇口に異常が発生すると、水漏れなど目に見える形の水道トラブルになってしまうので、その症状に合った対処法をとりましょう。

■蛇口にもある寿命

家の中に設置されている設備にはある程度の寿命があります。寿命が近くなってきたり、耐用年数を超えているといきなり壊れてしまうということも少なくありません。蛇口にも寿命があり、10年程度と言われています。この10年を超えてしまうと、水漏れを起こしたり栓を開けるときに開けにくく感じるなどの異変が起こる可能性が高くなり、蛇口 交換を検討する場合もあるため、業者への相談が必要です。

■蛇口交換工事のメリット

水漏れの原因が蛇口だった場合、パッキンなどを交換すればすぐに直るケースもあります。本体が寿命によってダメになっている場合は蛇口そのものを交換をした方がトラブルを防ぐことができます。新しいものに交換することで水の節約効果が得られるなど交換をするメリットは大きいです。その場しのぎの修理をして状態が改善したとしても、既に寿命がきているものは再度トラブルが起きてしまうこともあるので、10年以上使用している場合は交換の工事がおすすめです。

■まとめ
蛇口は寿命があるものなので、寿命である10年を経過してしまった時には蛇口を交換してもらうほうが安心です。蛇口の交換について相談し、工事をしてもらうことで、頻繁に水トラブルを繰り返すリスクを減らすこともできます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ